株式会社 HASカンパニー ロゴ English Site mapお問い合わせフォーム
ホーム 営業案内 アーティスト イベント
HOME > アーティスト  > 日本人アーティスト > 太鼓集団 天邪鬼
アーティストプロフィール
日本人アーティスト

太鼓集団 天邪鬼

太鼓集団 天邪鬼

この度、東日本大震災により被災された方々に、心よりお見舞い申し上げます。 被災地の一刻も早い復興と、皆さまの心の平安が戻ることを願っています。

被災地では、衣・食・住の確保が最優先されている中、次に必要となるのは、笑顔や感動をもたらす『文化』の力ではないかと思っております。

私達は、日本の和太鼓打ちとして、その『文化』の力で被災地を後押しできるよう、演奏していきます。


〜最新情報〜


●ビアガーデンライブ 「夏だ!祭りだ!太鼓でエンジョイ!2」



2016年7月16日(土) 16:00開場 17:00開演
    7月17日(日) 14:00開場 15:00開演
    7月18日(月・祝) 14:00開場 15:00開演
出演:
太鼓集団天邪鬼
和太鼓大元組

日替わり友情出演:
葛飾諏訪太鼓(7/16)
関東やまと太鼓(7/17)
向島遊神太鼓(7/18)

会場:
RED&BLUE TOKYO 平和島

チケット:
¥5,000(フリードリンク、おつまみ付) 全席自由

お問い合わせ: 
BIG FUN平和島イベント事務局 03-3768-9033
太鼓集団天邪鬼 03-3904-1745
studio邦楽アカデミー 03-3735-4352(蒲田校) 044-522-3311(川崎校)



●天邪鬼30周年記念企画

太鼓集団 天邪鬼30周年記念公演 「ひとすじの道」




魂を呼び覚ます和太鼓と水墨画、篠笛、津軽三味線、尺八による日本伝統美の共演!
伝統と創造の中で音楽的挑戦を続ける「太鼓集団天邪鬼」。
東京を拠点に、国内での公演、50数カ国に及ぶ海外公演などで圧倒的な支持を得ています。
彼らの一打に込められた魂の音圧が観る者の心を熱くします。今回、和太鼓演奏に加え、

水墨画、篠笛、津軽三味線、尺八との特別共演の舞台。全身でそのリズム、熱量、美を感じてください!

公演詳細
http://amanojaku.info/news/#D20160903

日時: 2016年9月3日(土) 開場18:30 開演19:00
     4日(日) 開場13:30 開演14:00
場所: 練馬文化センター 小ホール
チケット: 前売り¥4,500  当日¥5,000 (自由席)

■プレイガイド
*(公財)練馬文化振興協会 共催事業9/3公演限定
練馬文化センター先行割引 ¥3,500 (先着250名様/指定席)
6/18(土)10:00〜 予約受付開始 03-3948-9000(10:00〜17:00)

■*一般前売り 7/1(金)10:00〜
太鼓集団 天邪鬼 03-3904-1745 http://amanojaku.info

☆未就学児童のご入場はご遠慮ください。




公式サイト:http://amanojaku.info/


■プロフィール■

1986年12月設立。
太鼓集団天邪鬼は、伝統芸能の和太鼓に現代的要素を取り入れ、新たな和太鼓音楽の確立を目指し、あらゆる音楽的挑戦を続ける和太鼓プロ集団。
和太鼓は、日本の誇れる文化である。太鼓の胴から打ち出される音は日本人の魂を奮わし、その響きは人々に喜びを与える。和太鼓の響きは単なる音ではなく、魂を呼び起こすリズムであり、太鼓音響は世界に共通する音になる。
今、和太鼓の世界は大きな変化を求めはじめ、伝統と創造が交錯している。伝統を根底に残し創造を生み出すことで、この素晴らしい文化は、次世代へ受け継がれ、時代の変化とともに進化してゆく。
天邪鬼の打ち出す音響は凛とした美しさ、リーダー渡辺の追い求めるものは太鼓打ちとしての凛美。東京の下町で生まれ祭りの中で培った気質。日本人の心と江戸の粋を根底に、幼少の頃より傾倒したラテン音楽によって体得したリズム感性と、高度に洗練されたテクニックが加わり、変幻自在に具現化される天邪鬼の舞台は独自の世界を創り出し、新たなる可能性を感じさせる。
天邪鬼の音楽パフォーマンスには、その凛美とリズム感性が満ちあふれている。渡辺洋一のくり出す魂の音圧、そして小川ひろみ・川名真由美の高度に洗練されたテクニック、そして筋肉修練によって鍛え抜かれた肉体と共に、人々の心を熱くする。
中南米・ヨーロッパ等30数カ国に及ぶ海外公演では圧倒的な支持を得、国内でのフェスティバル・公演活動・テレビ番組への出演に於いても高い評価を受けている。
1994年「手練」・1995年「Relax'95」ビデオを発売し、1999年「魂の響」CDを発売。また、国立劇場 日本の太鼓のビデオ収録に協力するなど、積極的な製作活動も行っている。
全国各地の創作太鼓の作曲指導にあたり、次世代の育成にも力を注ぎ、ふるさと活性化、青少年の育成等を目的として創作和太鼓の作曲指導を手掛け、着実なる成果を挙げている。
全国の和太鼓コンテストでは、数多くの優勝者を輩出し、独特な奏法は和太鼓界に旋風を巻き起こした。
そして、天邪鬼の代表者である渡辺洋一は、その高い指導力が認められ、和太鼓指導の第一人者として2003年度に文化庁から特別顧問・文化交流使の特命を受け、アメリカコロラド州デンバーへ派遣された。
今後は、国際的に和太鼓を広めるための活動を本格的に行う予定だ。


▲ TOP

 


外国人アーティスト
日本人アーティスト